12月6日

21:30に耐えきれず寝てしまい、3時に起きて、二度寝を繰り返しながらようやく5時には意識がしっかりしだして、うーとかあーとかいいながらぜんぜん終わらないタスクに着手する、日々。今年は頑なに定時上がりさせられているが、来年からはもっともっと遅い。夕飯も朝食もつくる余裕がないかもしれない。土日もあってないようなものかもしれない。いまみたいに仕事以外のことに2つも3つも終われたらたちまち破裂してしまいそうで、生活とか趣味ってそういうことなのか?ふーん、社会め…。そこはかとなく常時肩がこっていて、チョコラBB買って飲んでる。えー、なんかOLみたい。上司が俳句と短歌のこといろいろ聞いてくれる。いい職場だなあ、週に4回くらいそう思っていて、隣の席の上司に、いい職場ですよね、と言ったら、あなたが選んでくれたんでしょ、と言われた。そういうところだよ。

 

キタムラの深緑の傘がもうじき届く。オーダーメイドの濃紺の皮財布は来年まで待たなくちゃ。欲しいもの、たくさんある。欲しいものがたくさんあるのはいいことだと思う。手に入らなくても。

 

送られてきた仙台の初雪の写真を見ながら眠ったら、ペデストリアンデッキで眠る夢をみた。仙台はいいよね。お寿司屋さんたくさんあるし。こんなに狭い国なのに身体がひとつじゃ足りないや。